• 刈谷本部刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 岡崎支店岡崎駅西口徒歩1分

相続対策

  • 知らなきゃ損する!相続法40年ぶりの大改正! 押さえるべきポイント

    平成30年7月6日、国会で相続法が大改正されました。今回の改正法のうち、皆様の 相続に実際に関わってくる制度として、 ①「配偶者居住権」残された配偶者が不動産名義を持たなくても、亡くなるまで今の住居に住める。 ②「預貯金…続きを読む

  • 相続法の大改正

    平成30年6月19日、相続法の改正案が衆議院を通過しました。 40年ぶりの大改正で、4年後の平成34年頃に施行される予定です。 主な改正内容は ①配偶者居住権が新設される ②結婚期間20年以上の夫婦は住居の贈与が特別受益…続きを読む

  • 生命保険のすごいところ

    生命保険は、相続において、非常に特殊な性質を持ちます。 まず一つ目として、生命保険は、相続税法上、通常の基礎控除枠 (3000万+法定相続人の数×600万) とは別枠で、 (500万×法定相続人の数)が控除されます。 分…続きを読む

  • 遺言書と遺留分

    事例 三河太郎さんが亡くなりました。 法定相続人は妻である花子さん、子供である一郎さんと二郎さんです。 遺品整理をしていたところ遺言書が出てきました。内容は「すべての財産は安城梅子に遺贈する」というものでした。安城梅子さ…続きを読む

  • 自筆証書遺言の活用 その2

      法務省の諮問機関「法制審議会」相続部会は1月16日、民法の改正要綱案をまとめました。 法務省は、法制審議会から法相への答申を受けて、1月22日開催の通常国会に民法改正案を提出しました。   成立すれば、実に約40年ぶ…続きを読む

  • 自筆証書遺言の活用 その1

      「遺言に関する意識調査2016」によると、遺言書を書いた方が良いと答えた方が6割に対して、実際に遺言書を作成している方はたったの3%しかいません。 一般的な家庭でも相続トラブルは年々増加し、それまで優しかった兄弟が、…続きを読む

  • 未成年者が土地の贈与を受ける場合について

    事例 安城太郎さんが、3歳である安城次郎さんに土地を贈与したいと考えています。 可能なのでしょうか? 結論 可能です。 未成年者が贈与の事実を知っていたかどうかに関わらず、親権者が受諾すれば、贈与契約は成立します。 贈与…続きを読む

  • 遺言執行者がいる場合、いらない場合

    事例 安城太郎さんは高齢になり、遺言の作成を考えています。自分が持っているものは不動産くらいしかなく、不動産は長男の安城一郎に引き継ぎたいと考えています。 どのような遺言書を作成するのが良いのでしょうか。   以前の記事…続きを読む

  • 預貯金の家族信託 パート2(民事信託)

      家族信託を行う際、常に問題になるのが、家族信託口座の開設です。 家族信託は、すばらしい制度ですが、まだまだ普及が十分でなく、金融機関の実務が追いついていないのが現状です。 この三河地方では、都銀、地銀、信用金庫、いず…続きを読む

  • 口が聞けない者の遺言について

    事例 安城太郎さんは話すことができません(口がきけません)が、公証役場で遺言書を作ることができるでしょうか?   口が聞けない方でも遺言書を作ることができます。 公証役場では、遺言書の内容を、作成者が公証人に口頭で伝える…続きを読む

1 / 3123

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • S.T 女性

  • O.A 女性

  • K.Y 男性

  • K.H 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報