• 無料相談
  • アクセス
  • 料金表
  • 解決事例

解決事例

  • 解決事例 亡くなった父に認知された子供がいた(解決まで約6ヵ月)

    家族関係(相続人) 相続人(3人+1人) 解決すべき問題 3人のご兄弟の間では、長男がすべて引き継ぐということで話がまとまっていましたが、戸籍を集めていく うちに、お父様には結婚前に認知していた子供がいたことがわかりまし…続きを読む

  • 離婚に基づく財産分与時

    離婚をする際、ご夫婦の関係を終了し、財産を分ける場面が財産分与でございます。 財産分与の際、よく気にされることが税金の話になります。 かかる可能性のある税金としては、以下のものがございます。 ・登録免許税 不動産の名義を…続きを読む

  • 解決事例 お子様のいらっしゃらないご夫婦の遺言

    解決事例 お子様のいらっしゃらないご夫婦の遺言(解決まで約1ヵ月) 家族関係(相続人) ご夫婦、それぞれにご兄弟はいらっしゃる 解決すべき問題 ご夫婦のどちらかに万が一が起こると、兄弟相続になる。 兄弟仲は円満だが、兄弟…続きを読む

  • 遺言執行者はだれにすべきか?

    良くある質問 良くお客様から頂く質問で、遺言を書いたときの、遺言執行者は、誰にするのが良いでしょうか? というものがあります。 その答えとして、まず考えるべきことは、遺言執行者の法律上の責任です。    ① 法定相続人全…続きを読む

  • 相続放棄を検討する場面

    事例 安城太郎さんが亡くなりました。長男の安城一郎さんは太郎さんとは疎遠で相続財産の把握も負債の確認も難しい状況に悩んでいました。 この先、手続きとして何が考えられるでしょうか。 回答 財産の調査や負債の確認は法定相続人…続きを読む

  • 抵当権と根抵当権を一括で抹消申請

    事例 安城太郎さん所有のA土地・B土地に次の2つの担保がついていた場合 乙区 1番に抵当権(抵当権者 司法銀行) 2番に根抵当権(根抵当権者 司法銀行) この2つの担保権を平成30年7月17日に「解除」を原因で抹消するこ…続きを読む

  • 遺言書を作成した後、その財産を処分した場合について

    事例 父:安城太郎さんは、長男:安城一郎さんにA不動産、二男:安城二郎さんに預貯金等その他財産を相続させる旨の遺言を作成しました。 しかし、その後、A不動産を安城太郎さんの孫に贈与し、名義変更しました。遺言書は有効なまま…続きを読む

  • 生前疎遠だった兄弟の相続

    事例 安城太郎さんは3人兄弟の長男。二男の二郎さんとは交流がありますが、三男の三郎さんとは何十年も前から疎遠な状態でした。先ごろ、警察から三郎さんが亡くなったとの連絡を受けました。三郎さんには奥さんも子供もおらず、父母も…続きを読む

  • 生前贈与と遺言での相続の比較

    弊事務所にて、相談に来られる方から、生前贈与と遺言書を作るのどちらがいいのかということをよく質問されます。 生前贈与の最大のメリットは、不動産、動産、金銭等を自身が元気な内に移動させることができることです。デメリットは、…続きを読む

  • 解決事例 戸籍のつながりが分かりにくいお客様(解決まで約2か月)

    家族関係 妻、子2名 解決すべき問題 ご主人の相続につき、ご自宅の不動産の他に、預貯金が数行ありました。 ご自身で県外の戸籍も取得され、相続人の印鑑証明も付けて最寄りの信用金庫に出向かれたところ、幼少期の戸籍が足りないこ…続きを読む

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • S.M 男性

  • O.K 男性

  • N 女性

  • O.S 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報