• 無料相談
  • アクセス
  • 料金表
  • 解決事例

相続の話し合いがまとまらない場合

刈谷市にお住いのAさんからのご相談です。

ご状況

Aさんの父が亡くなり、相続人は長女Aさんと長男Bさんの2人でした。

Aさんは生前父と同居しており、結婚はしていますが子供はいません。

Bさんは賃貸にお住まいで、妻子がいる状況です。

AさんもBさんも仲が良く、将来の事も話し合える仲でしたが相続の話になるともう一つ進まずご相談にいらっしゃいました。

着目すべきは実家の相続で、考えるべきポイントはどこまでの将来を想定するかというものでした。

ご提案内容

まず、端的な考え方をすると、住んでいるからという理由でAさんでいいのではないかというものでしたが、Aさんが亡くなったらどうするか、亡くならないまでも、空き家になったらどうするかといった疑問でした。

更に短絡的にこの問題を捉えればBさんは現在賃貸で、空き家になればBさんないし、Bさんの子息が住むことがあり得るならば初めからBさんでいいのではないか、というものでした。

専門家からのアドバイス

この時点で2人では結論が出せなくなってしまったということになります。

実は上記は問題の一つに過ぎず、他にも様々なメリットやデメリットをお伝えしました。

Aさん取得の場合:実情に権利関係が落ち着く反面、相続対策が必要になる。

Aさんが夫より先に亡くなった場合、夫や、その兄弟が相続人として台頭してしまうので遺言が必須になる。

Bさん取得の場合:実情に合わないが、もろもろ経済的な面もある

Bさんの相続の際、Bさんの家系で引き継ぐことが確約されるため、税金面、手続き面においても最短で経済的。問題は、名義と実際住んでいる人が違うため、予期できることから、予期せぬことまで諸問題が発生する恐れもありますし、Aさんにお子様が生まれたり、養子を貰うなど将来の事情の変化に対応できなくなります。

上記は選択をする上での確認事項の一部に過ぎず、状況などを整理して、すべての均衡を考えベストな選択をしていただけることになりました。

Aさん達のように、まったく揉めていなくても相続がまとまらないというケースはよくあると思います。

目先の課題だけでなく将来まで踏まえ、総合的に後悔のないように、現実的かつ経済的な選択肢のご提案が可能になりますので、手続きでお困りの際はもちろんですが、相続そのものにお悩みの方も、ぜひ一度相談していただければと思います。

まずは、お気軽にご相談下さい。

弊所では、遺言書に関するお悩みはもちろん、相続される場合の各種手続きもお手伝いさせて頂くことが可能です。

法律の専門家が真摯にお応えいたします。

最近は、オンラインでのご相談も増えてまいりました。

オンラインはちょっと、という方はもちろん事務所でのご相談も受け付けております。

コロナ対策も行っておりますのでご安心してご相談ください。

当事務所の無料相談は0120-130-914からお申込みをよろしくお願いいたします。

当センターの無料相談について詳しくはこちら>>

 

この記事を担当した司法書士
司法書士 あいち司法&相続  行政書士法人 あいち行政&相続 司法書士・行政書士 今井 裕司
保有資格 司法書士・行政書士
専門分野 相続対策コンサルティング・遺言・贈与・成年後見・不動産
経歴 平成8年 大学卒業後、司法書士・行政書士・土地家屋調査士合同事務所に5年間勤務。相続を中心に、登記、測量、農地転用など、幅広く実務修行。 平成13年 司法書士試験合格 平成14年 事務所を開業。 その後、相続関連業務を中心に業務を拡大し、相続対策に関する特集で取材を受けるなど、相続分野で今最も注目を集める士業資格者の一人である。 遺言・贈与に留まらず、税理士と提携した相続税対策や保険会社様との提携した提案など幅を広げ、相続に関する顧客の課題をワンストップにて解決している。また最近では家族信託にも積極的に取り組み、認知症対策や複雑な相続対策の新しい形を作り上げている。
専門家紹介はこちら

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • S.M女性 

  • H.M男性

  • M.H男性

  • K.S 女性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報