• 刈谷本部刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 岡崎支店岡崎駅西口徒歩1分

相続が発生したらご注意ください!これって法律違反??

日々の暮らしの中で、何気なく行動していたことが、「違法」になってしまうことがあります

今回はそんな軽微な法律違反についてご案内します。

使わないのに車にバットを入れておく軽犯罪法12凶器携帯の罪

正当な理由なく凶器を隠し持っていた者は犯罪に問われる。

野球用バットも鉄パイプ、木刀などと同じく凶器とみなされ、職務質問などでとがめられることがあるそうです。

もちろん野球の練習に行くなど正当な理由があれば大丈夫。

家族に届いた手紙を開封する刑法133条信書開封罪

これはやりがちですよね。

封をしてある他人の信書を正当な理由なく開いてはいけません。家族といえどもダメのようです。

つり銭を多くもらって気づいたのに言わない刑法246条詐欺行為

10年以下の懲役に処せられる恐れがあるので気をつけたいものです。

このような行為は、実際は罰せられることはほとんどありません

ただ法律に罰則規定があるのは事実です。

このように身の回りには様々な法律があり、意外と身近な行為にも罰則があります。

相続についても注意しなくてはいけない多くの法律があります。

下記にて相続でトラブルになることが多い法律を紹介します。

相続の法律についてもご注意ください

相続放棄について

お父さんが亡くなった際に、お父さんに多額の借金があることは知っていたが、法律をよく知らなかったため、そのまま放置してしまい、結果相続放棄をすることができなかった。

遺留分請求について

遺留分請求できる権利があったのに、その権利自体を知らずに時効となってしまったなど。

このようなケースは法律を知らなかったでは済まされません。

なにかご心配ごとが起きたときには、自己判断せずに専門家にご相談されることをおすすめいたします。

幣所では、相続に関する様々なご相談を受けております。

法律の専門家が真摯にお応えいたします。

最近は、オンラインでのご相談も増えてまいりました。

オンラインはちょっと、という方はもちろん事務所でのご相談も受け付けております。

コロナ対策も行っておりますのでご安心してご相談ください。

当事務所の無料相談は0120-130-914からお申込みをよろしくお願いいたします。

この記事を担当した税理士
shozoku テスト katagaki テスト name テスト
保有資格shikaku テスト
専門分野senmon テスト
経歴keireki テスト
専門家紹介はこちら

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • K.S 男性

  • H.S 男性

  • 匿名 男性

  • I.S 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報