• 刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 面談予約はこちら

相続財産の調査は誰ができるのか?

お客様から、多くいただく質問で、

相続財産はどのようにして調査するのか?
どうしたら調べる事ができるのか? 

そもそも、誰が相続財産を調査できるのか?

というものがあります。
以下、事例にてご説明します。

事例 

被相続人:夫Aさん 平成28年1月23日死亡
相続人 :妻B、 長男C、 二男D、 長女E 

長男Cさんが、跡取として、Aさんの相続を取り仕切り、
ほとんどの相続財産を、自分Cの名義にしようと考えています。
ただ、長女Eと昔から折り合いが悪い状況でした。

よくある勘違いとして、跡取である長男Cさんしか、相続財産の調査は
できないと思われている方がいらっしゃいます。

実は、相続財産の調査は、法定相続人であれば、誰でもできます。

後継でない二男Dや、嫁いだ長女Eであっても、亡Aさんの預金等の財産を調べる事ができます。

何故なのか?

それは、被相続人である、お父様Aが亡くなった瞬間に、お父様名義の預金は、
法定相続され、自動的に、妻Bと子供CDEのものになるからです。

つまり、長女Eにとって、父A名義の預金は、すでに6分の1は自分のものに
なっているわけです。
自分のものだから、いくらでも自分で調べる事ができる訳です。

長女Eが、戸籍をもって銀行窓口に行けば、亡父A名義の、預金がいくらあるのか
さらには、過去10年分の通帳の動きも、すべて見ることができます。

だから、長男Cさんが、事前に預金をおろしてしまえばバレない
と考えるのは、正しくありません。

もし、長男Cが父Aの生前に、勝手に預金をおろし、相続の際、預金はもうないから
と説明した場合に、長女Eが、銀行窓口で自分で調べて、後からその事実が分かった場合、
間違いなくモメます。

では、不動産や株などは、どうでしょうか。

こちらに関しては、次回の記事にてご説明します。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • T.K 男性

  • H.M 女性

  • G.S 男性

  • K.I 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報