• 無料相談
  • アクセス
  • 料金表
  • 解決事例

被相続人が収益物件を所有していた場合の賃料収入について

 

弊所に相続で相談にいらっしゃるお客様の中には、お亡くなりになった方(被相続人と言います)が、

駐車場やアパートなどの収益物件の所有者だったというケースがよくございます。

安城市にお住まいのBさんも、亡くなったお父様Aさんが収益物件をお持ちで、

「賃料収入の取り扱いについて」ご相談にいらっしゃいました。

なお、

 Aさんの相続人には

 子B・C

 また、Aから収益物件を賃借している方をD(賃料は毎月20万)とします。

 

(1)この問題を理解するためには、前提として、「①債権」「②可分債権」について

 理解しておく必要がありますので、以下、順に説明いたします。

 

 「債権」とは

  特定の人に対して特定の行為や給付(物などを与えること)を請求できる権利のことです。

  今回ですとAが賃借人Dに賃料を請求できる権利を有していますので、

  Aは債権(賃料債権)を持っていたと言えます。

 

 ②「可分債権」とは

  その名の通り、分けることのできる債権です。可分債権の典型的なものは,金銭債権です。

  たとえば,100万円の債権があったとした場合

  50万円と50万円の請求権に分けることができます

  「1個の給付が、分割して実現することのできる給付」だと言えます。

  したがって,金銭債権は可分債権です。 

  今回の設定ですと、賃貸人A賃借人Dに対し、

  毎月20万の金銭を請求できる権利持っていたわけですので、

  Aは可分債権を有していたと言えます。

 

  ちなみに、可分債権の反対概念として、不可分債権があります。

  これは、分けることができない債権のことです。

  例えば、Aさんが亡くなる前に車を購入していて、

  その車の引き渡しが完了していなかった場合、

  車は前方半分と後方半分のように分けることができませんから、不可分債権となります。

 

  以上より、「被相続人が可分債権を持っていた場合に、

  相続手続きにおいてどのように処理されるのか」が分かれば、

  収益物件から発生する賃料を相続手続きにおいてどう扱うべきかが分かることとなります。

  これについては、①遺産分割協議成立前・②成立後に分けて考える必要があります。

 

(2)ケース毎の取り扱いの違い

 

 ① 遺産分割協議成立「前」の場合

   そもそも遺産分割協議とは、簡単に言いますと

  「相続人が被相続人の財産の分け方を全員一致で決めること」です。

  これにより、相続財産が個別具体的に誰に帰属するのかが確定します。

  この、A死亡後~遺産分割協議成立前の可分債権については判例によって、

  「遺産分割を経ずとも、相続開始によって、当然に各共同相続人の相続分に応じて分割承継される」

  「各共同相続人が、その法定相続分に応じて確定的に取得する」とされています。

  (最判平成1798日等)

   つまり、今回の事例ですと、ABが法定相続分2分の1ずつ(ひと月あたり10万ずつ)で

  確定的に取得することとなります。

 

 ② 遺産分割協議成立「後」

  当該収益不動産を取得した相続人が、賃料債権を取得することになります。

  今回のケースで、収益物件の名義(所有権)を遺産分割協議でBが取得したとする場合は、

  遺産分割協議以降はBのみが新賃貸人として、賃料をDに請求できることとなります。

 

(3)まとめ

  以上が、相続財産に収益物件がある場合の賃料の取り扱いになります。

 今回のケースでは、(2)①②の処理を行いました。

 なお、このようなケースでは、準確定申告が必要になる可能性もございます。

 また、被相続人が金銭債務を有していた場合、

 「可分債務」として可分債権と同様の取り扱いがなされます。 

 ちなみに、預貯金債権については可分債権のように思われますが、

 平成28年の判例変更により、可分債権ではなく、遺産分割協議が必要ということになりました。

 

  このように、相続で債権・債務を検討しなければならない場合は、様々な問題が想定されます。

 ご自身で検討されてもはっきりせず、不安に思われた際には、お気軽に弊社にご相談ください。

まずは、お気軽にご相談下さい。

弊所では、遺言書に関するお悩みはもちろん、相続される場合の各種手続きもお手伝いさせて頂くことが可能です。

法律の専門家が真摯にお応えいたします。

最近は、オンラインでのご相談も増えてまいりました。

オンラインはちょっと、という方はもちろん事務所でのご相談も受け付けております。

コロナ対策も行っておりますのでご安心してご相談ください。

当事務所の無料相談は0120-130-914からお申込みをよろしくお願いいたします。

当センターの無料相談について詳しくはこちら>>
この記事を担当した司法書士
司法書士 あいち司法&相続  行政書士法人 あいち行政&相続 司法書士・行政書士 今井 裕司
保有資格 司法書士・行政書士
専門分野 相続対策コンサルティング・遺言・贈与・成年後見・不動産
経歴 平成8年 大学卒業後、司法書士・行政書士・土地家屋調査士合同事務所に5年間勤務。相続を中心に、登記、測量、農地転用など、幅広く実務修行。 平成13年 司法書士試験合格 平成14年 事務所を開業。 その後、相続関連業務を中心に業務を拡大し、相続対策に関する特集で取材を受けるなど、相続分野で今最も注目を集める士業資格者の一人である。 遺言・贈与に留まらず、税理士と提携した相続税対策や保険会社様との提携した提案など幅を広げ、相続に関する顧客の課題をワンストップにて解決している。また最近では家族信託にも積極的に取り組み、認知症対策や複雑な相続対策の新しい形を作り上げている。
専門家紹介はこちら

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • S.M女性 

  • H.M男性

  • M.H男性

  • K.S 女性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報