• 無料相談
  • アクセス
  • 料金表
  • 解決事例

遺言・贈与 - あいち相続あんしんセンター - Page 2

  • 遺言書はいつ作るのがいいの?

    事例 安城太郎さんは、先ごろ父をなくしたことをきっかけに、自分の亡きあと、妻や子供たちが困ることのないように遺言書を作成しておきたいと考えるようになりました。 太郎さん自身は現在40代半ば、遺言書を作るにはまだ早い気もし…続きを読む

  • 遺言書と遺留分

    事例 三河太郎さんが亡くなりました。 法定相続人は妻である花子さん、子供である一郎さんと二郎さんです。 遺品整理をしていたところ遺言書が出てきました。内容は「すべての財産は安城梅子に遺贈する」というものでした。安城梅子さ…続きを読む

  • 自筆証書遺言の活用 その2

      法務省の諮問機関「法制審議会」相続部会は1月16日、民法の改正要綱案をまとめました。 法務省は、法制審議会から法相への答申を受けて、1月22日開催の通常国会に民法改正案を提出しました。   成立すれば、実に約40年ぶ…続きを読む

  • 自筆証書遺言の活用 その1

      「遺言に関する意識調査2016」によると、遺言書を書いた方が良いと答えた方が6割に対して、実際に遺言書を作成している方はたったの3%しかいません。 一般的な家庭でも相続トラブルは年々増加し、それまで優しかった兄弟が、…続きを読む

  • 遺言執行者がいる場合、いらない場合

    事例 安城太郎さんは高齢になり、遺言の作成を考えています。自分が持っているものは不動産くらいしかなく、不動産は長男の安城一郎に引き継ぎたいと考えています。 どのような遺言書を作成するのが良いのでしょうか。   以前の記事…続きを読む

  • 預貯金の家族信託 パート2(民事信託)

      家族信託を行う際、常に問題になるのが、家族信託口座の開設です。 家族信託は、すばらしい制度ですが、まだまだ普及が十分でなく、金融機関の実務が追いついていないのが現状です。 この三河地方では、都銀、地銀、信用金庫、いず…続きを読む

  • 口が聞けない者の遺言について

    事例 安城太郎さんは話すことができません(口がきけません)が、公証役場で遺言書を作ることができるでしょうか?   口が聞けない方でも遺言書を作ることができます。 公証役場では、遺言書の内容を、作成者が公証人に口頭で伝える…続きを読む

  • 認知症と診断されても、遺言書は作れるの?

    事例  安城太郎さんには、妻の花子さん、長男 一郎さん、二男 次郎さんの家族がいます。 太郎さんは、長男 一郎さんに財産を譲りたいとの思いで、遺言書の作成を考えました。 しかし、太郎さんはつい最近、医師から認知症と診断さ…続きを読む

  • 預貯金の家族信託(民事信託)

      預貯金を対象として家族信託する場合、預貯金には、金融機関との約款により、預貯金口座の譲渡禁止特約が付されているのが一般的ですので、『預金口座』を信託対象としても、実際には預金口座を受託者に移転する事は不可能となります…続きを読む

  • 遺言書を作った後、もらう人が先に亡くなってしまった場合

    事例 安城太郎さんは、もしものことがあった時のために、「長男 安城一郎さんにすべて相続させる。」という内容の遺言書を作成していました。 しかし、安城一郎さんは、交通事故に遭い、安城太郎さんが亡くなる前に亡くなってしまいま…続きを読む

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • O.T男性

  • Y.K男性

  • S.M女性 

  • H.M男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報