• 無料相談
  • アクセス
  • 料金表
  • 解決事例

子供のいないご夫婦の遺言

刈谷市にお住いのAさんからのご相談です。

 

AさんBさんご夫婦には子供がおらず、Aさんは遺言書に、妻であるBさんと、

生前面倒を見ていたAさんの妹Cさんに、2分の1ずつ相続させると書き残しました。

奥様のBさん遺言書に、夫であるAさんへすべての財産を相続させる書き残しました。

その後、Aさんが亡くなり、後を追うようにして2か月後奥様であるBさんが亡くなられました。

Aさんの相続手続きをする間もなく、Bさんが亡くなってしまったのです。

また、Aさんの方がBさんより先に亡くなってしまったため、

夫であるAさんへすべての財産を相続させる」としたBさんの遺言書は無効となりました。

そして、Bさん自身の財産だけでなく、

本来ならBさんが2分の1を受け取るはずだったAさんの遺産まで、

法定相続人であるBさんの兄弟姉妹相続することになってしまいました。

Bさん同様、Aさんの財産を受け取る妹Cさん

Aさんの相続手続きのためBさんの兄弟姉妹に連絡を取りたいのですが連絡先もわかりません。

Aさんの遺産のうちBさんが受け取るべき半分の財産と、

Bさんの財産をどのように相続人の方に引き渡したらいいのかわからず、

幣所に相談にいらっしゃった訳です。

幣所では、まずはBさんの相続人を特定するところからはじめました。

と同時にAさんの遺言に従い相続手続きもすすめていきました。

2か月ほどでBさんの相続人全員と連絡が取れ、

遺産分割の話し合いもスムーズにすることができました。

今回のケースはたまたまうまくいきましたが、このような子供がいないご夫婦

お互いに相続させるという遺言書を作成する場合は注意が必要です。

どちらが先に亡くなるのかは誰にもわからないため、

財産を取得させようとした配偶者が先に死亡した場合に備える必要があります。

私どもでは、これに備えて遺言で第2順位の財産を受け取る人を指定する方法をとることを

ご提案しております。

子供がいないご夫婦の相続は、遺言がないと手続きが煩雑になる可能性が高くなります。

そのような事態を回避するためにも遺言の作成をおすすめいたします。

遺言の内容にも注意が必要となりますので、専門家へ相談されることをおすすめいたします。

まずは、お気軽にご相談下さい。

弊所では、遺言書に関するお悩みはもちろん、相続される場合の各種手続きもお手伝いさせて頂くことが可能です。

法律の専門家が真摯にお応えいたします。

最近は、オンラインでのご相談も増えてまいりました。

オンラインはちょっと、という方はもちろん事務所でのご相談も受け付けております。

コロナ対策も行っておりますのでご安心してご相談ください。

当事務所の無料相談は0120-130-914からお申込みをよろしくお願いいたします。

当センターの無料相談について詳しくはこちら>>
この記事を担当した司法書士
司法書士 あいち司法&相続  行政書士法人 あいち行政&相続 司法書士・行政書士 今井 裕司
保有資格 司法書士・行政書士
専門分野 相続対策コンサルティング・遺言・贈与・成年後見・不動産
経歴 平成8年 大学卒業後、司法書士・行政書士・土地家屋調査士合同事務所に5年間勤務。相続を中心に、登記、測量、農地転用など、幅広く実務修行。 平成13年 司法書士試験合格 平成14年 事務所を開業。 その後、相続関連業務を中心に業務を拡大し、相続対策に関する特集で取材を受けるなど、相続分野で今最も注目を集める士業資格者の一人である。 遺言・贈与に留まらず、税理士と提携した相続税対策や保険会社様との提携した提案など幅を広げ、相続に関する顧客の課題をワンストップにて解決している。また最近では家族信託にも積極的に取り組み、認知症対策や複雑な相続対策の新しい形を作り上げている。
専門家紹介はこちら

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • O.T男性

  • Y.K男性

  • S.M女性 

  • H.M男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報