• 無料相談
  • アクセス
  • 料金表
  • 解決事例

ご自身で相続手続きを行うことの見落としやリスク

刈谷市にお住いのAさんからのご相談です。

 

Aさんの母が亡くなり、預金の解約も行い、不動産の名義を変更しようと法務局に伺った際、

自分で行うには難しいとお感じになり相談にいらっしゃいました。

弊所としましてもご依頼のとおり業務を行おうとする過程、

抵当権(担保権)が残っていることが判明しました。

経緯を確認すると、ローンは父の代で終わっており残っているはずがなく

債権者である銀行もすでに合併などで存在しない銀行でした。

しかも、当該不動産はゆくゆく売却予定で抵当権が残っていてはその売却はできません

もし、ご自身で手続きを行っていたら、このような状況を見落とし

改めて手続きの方法を調べたり、各所依頼なども行わなければならない状況になっていました。

今回、父がローンの返済後、銀行から預かった書類などを持って手続きをしなかったこと、

母へ相続で不動産を移した際にも、その件につき誰の指摘も気づきもなかったことが原因

推察されます。

ご提案内容

Aさんの場合、当時の書類がないこともあり、また、当事者も銀行も含め現存しないことを受け、

本来それほど複雑な手続きではない抵当権抹消登記もかなりの労力を要しました。

ご本人ではそもそも気付けず、気づいたとしても、普段、登記記録など見ない一般のA様にとって、

どういった経緯でどのような登記が残っており、どうすべきかなど一つ一つ確認していくことは

実質不可能だったと考えられます。

弊所では、相続に関するご相談や依頼はもちろん、

それに付帯する業務や関連するリスクなど幅広くアンテナを張り業務やご相談に当たらせて

頂いております。

専門家からのアドバイス

ご自身で手続きを行う際にも、気づきえないリスクや工程があることが多分に御座います。

少しでも不安をお感じになられましたら、ご自身で手続きが出来そうだとお考えの方も、

一度弊所の無料相談に来ていただく事をお勧め致します。

まずは、お気軽にご相談下さい。

弊所では、遺言書に関するお悩みはもちろん、相続される場合の各種手続きもお手伝いさせて頂くことが可能です。

法律の専門家が真摯にお応えいたします。

最近は、オンラインでのご相談も増えてまいりました。

オンラインはちょっと、という方はもちろん事務所でのご相談も受け付けております。

コロナ対策も行っておりますのでご安心してご相談ください。

当事務所の無料相談は0120-130-914からお申込みをよろしくお願いいたします。

当センターの無料相談について詳しくはこちら>>
この記事を担当した司法書士
司法書士 あいち司法&相続  行政書士法人 あいち行政&相続 司法書士・行政書士 今井 裕司
保有資格 司法書士・行政書士
専門分野 相続対策コンサルティング・遺言・贈与・成年後見・不動産
経歴 平成8年 大学卒業後、司法書士・行政書士・土地家屋調査士合同事務所に5年間勤務。相続を中心に、登記、測量、農地転用など、幅広く実務修行。 平成13年 司法書士試験合格 平成14年 事務所を開業。 その後、相続関連業務を中心に業務を拡大し、相続対策に関する特集で取材を受けるなど、相続分野で今最も注目を集める士業資格者の一人である。 遺言・贈与に留まらず、税理士と提携した相続税対策や保険会社様との提携した提案など幅を広げ、相続に関する顧客の課題をワンストップにて解決している。また最近では家族信託にも積極的に取り組み、認知症対策や複雑な相続対策の新しい形を作り上げている。
専門家紹介はこちら

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • S.M女性 

  • H.M男性

  • M.H男性

  • K.S 女性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報