• 刈谷本部刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 岡崎支店岡崎駅西口徒歩1分

亡くなられた方に債務があった→相続放棄??

安城市にお住いのAさん(60代女性)からのご相談です。

亡くなられたご主人に数百万の借金があり、債権者から一括返済を要求され、「相続放棄をしたほうがいいのでしょうか?」とのご相談でした。

詳細を伺うと、Aさんには一括返済できる現金・預金はありません。

一方で、プラスの相続財産として自宅(土地・建物)がありました。

固定資産税評価額でも優に借金の額を超えており、また現にお住まいであることから、「相続放棄はしない」ということになりました。

(相続放棄をすると、プラスの財産も相続できません。)

そこで、Aさんは債権者に対し「分割払い」をお願いすることにしました。

それにあたり、弊所は前述の不動産の名義をAさんに変更するという、オーソドックスな相続手続きを迅速に行いました。

Aさんが「担保価値のある財産の所有者」となったことで、債権者の対応が柔軟になり、結果不動産に担保権を設定されることもなく、分割払いに応じてもらえたとのことでした。

最良の解決に至れたKさんの安堵の表情が、とても印象的でした。

亡くなられた方に債務がある場合、それだけで相続放棄をすべきではなく、様々な要因をトータルで考えることが大切です。

弊所には年間700件を超える相続の相談が寄せられており、豊富なノウハウの蓄積がございます。

まずはお気軽に相談にお越しください。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • K.S 男性

  • H.S 男性

  • 匿名 男性

  • I.S 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報