• 無料相談
  • アクセス
  • 料金表
  • 解決事例

相続不動産の評価方法

不動産の評価

相続税に最も大きな影響を与える財産のひとつが不動産です。
不動産の財産価値が高ければ高いほど相続税の負担も大きくなるようになっています。
ですから、相続税は不動産の価値、正確には不動産の評価方法によって大きく異なるのです。

では、不動産の価値は誰がどのように算出するのでしょう。
一般的には、不動産の評価は税理士が路線価と不動産面積から算出します。
簡単に言うと、道路には値段が決まっていて、その不動産が接している道路の値段を調べて不動産の面積を数式に当てはめれば、不動産の大まかな価値を算出するのです。

ただし、不動産は個別性の非常に高い財産ですから、これだけでは適正な不動産価格は出せません。
しっかりと現地に行って、高低差や、不動産の形、交通手段や周辺の施設をチェックして、それら要素を加味して、最終的に「不動産の価値」を算定するのです。

 

相続税が高いと思ったら、不動産鑑定士に相談してみましょう

実は、意外と知られていないのですが、すべての税理士が、この不動産評価を出来るとは限らないのです。
なかには、相続税申告に慣れていない税理士もいて、その土地評価が適正ではないことがあるのです。
そのことによって、相続人が払わなくても良い相続税を払わされて、後になって訴訟になる、などのケースがあります。

そのような場合は、不動産鑑定士に相談しましょう。
不動産鑑定士とは、不動産の実勢価格を算出する国家資格をもつ人たちのことです。
要するに、不動産のプロフェッショナルです。

不動産鑑定士に土地評価を依頼すれば、その不動産を様々な角度から正確に評価をしてくれます。
路線価と面積だけの大雑把な数式ではなく、その不動産を個別的に評価をしてくれます。

税理士が評価して1億円だったものが、不動産鑑定士に評価してもらったら4,000万だった、などのことは決してまれなケースではありません。

もちろんすべてではありませんが、相続税が高いと思ったら、不動産の評価が間違っていることもありますので、相談してみてください。

この記事を担当した司法書士
司法書士 あいち司法&相続  行政書士法人 あいち行政&相続 司法書士・行政書士 今井 裕司
保有資格司法書士・行政書士
専門分野相続対策コンサルティング・遺言・贈与・成年後見・不動産
経歴平成8年 大学卒業後、司法書士・行政書士・土地家屋調査士合同事務所に5年間勤務。相続を中心に、登記、測量、農地転用など、幅広く実務修行。 平成13年 司法書士試験合格 平成14年 事務所を開業。 その後、相続関連業務を中心に業務を拡大し、相続対策に関する特集で取材を受けるなど、相続分野で今最も注目を集める士業資格者の一人である。 遺言・贈与に留まらず、税理士と提携した相続税対策や保険会社様との提携した提案など幅を広げ、相続に関する顧客の課題をワンストップにて解決している。また最近では家族信託にも積極的に取り組み、認知症対策や複雑な相続対策の新しい形を作り上げている。
専門家紹介はこちら

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • M.R 男性

  • B.N 女性

  • T.K 男性

  • H.A 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報