• 刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 面談予約はこちら

相続人の特定

事例

安城太郎さんが亡くなりました。相続人の一郎さんは生前、前妻との間に子供がいることを聞かされていましたが、面識のないままでした。

解決

戸籍を集めることで相続人の特定をすることができます。太郎さんが生まれてから亡くなるまでの戸籍を見れば太郎さんの子について明らかになります。
しかしながら、その子が存命かどうかまでわからない場合があります。仮に亡くなっていることが分かった場合、更なる相続人を特定するためにその子の亡くなるまでの戸籍も集める必要が出てきます。
市区町村ごとに請求をしなければいけない上に、古い戸籍になればなる程戸籍は読み辛くなります。お心当たりの方は、一度ご相談ください。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • 平成30年1…

  • I.K 女性

  • T.T 男性

  • H.M 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報