• 刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 面談予約はこちら

相続財産としての不動産の調査

事例

安城太郎さんが急逝しました。相続人は太郎さんの財産を把握していません。
預貯金などは家にある通帳などの資料でおおよその見当は付きましたが、不動産については課税明細書以外に一切の情報もありません。
太郎さんの不動産は明細に載っているものですべてなのでしょうか。

解決

市町村ごとに、亡くなられた方の名寄帳を取得することで、すべての不動産の把握が可能です。
課税明細書には面積の小さい土地などの課税されない不動産は載っていません。しかしながら、それらの不動産も相続財産であり遺産分割などの対象になります。
それぞれの財産を調査するときに、必要書類を揃えたり、提出先を調べたり、相当の労力と時間を要します。
財産を調査する際には、一度専門家へご相談されることをお勧めします。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • T.T 男性

  • H.M 男性

  • H.N 女性

  • M.E 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報