• 刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 面談予約はこちら

親の相続放棄をした場合の祖父母の相続

事例

父 安城太郎さんが、借金を残して亡くなり、息子の安城一郎さんは、相続放棄を考えています。
しかし祖父 安城安太郎さんには財産があり、安太郎さんの財産は放棄したくありません。
父の相続を放棄しても、祖父の相続について相続人になれるのでしょうか。

回答

この事例の場合、父の相続を放棄した場合でも祖父の相続人にはなれます。
代襲相続は被相続人(祖父)の子(父)が、相続開始する前に①死亡したとき、②欠格事由に該当したとき、又は③廃除されたときに発生します。
この①~③条件のどれかひとつに当てはまる場合、父 太郎さんの相続を放棄しても、一郎さんは祖父 安太郎さんの相続人にはなれます。

しかし、相続の順番等の事情が違えば、父の放棄をしても改めて祖父の相続を放棄する必要が出てくることもありえます。
先々の相続まで考えつつ放棄をする場合は事前に相談して頂く事をお勧めします。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • 平成30年1…

  • I.K 女性

  • T.T 男性

  • H.M 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報