• 刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 面談予約はこちら

死後離縁と相続放棄の違いについて

事例

安城花子さんは幼い頃、安城太郎さんと養子縁組をしました。

しかしその後、安城太郎さんが多額の借金をして亡くなりました。

離縁をすれば、安城太郎さんの借金を免れるのでしょうか?

 

結論

養父が亡くなった後の離縁(死後離縁)では、借金は免れることはできません。借金を相続したくないのであれば、原則をして、相続開始を知ったときから3か月以内に家庭裁判所に相続放棄をしなければいけません。死後離縁の効果は、遡るものではないからです。つまり、養父:安城太郎さんが亡くなった当時、安城花子さんは養子であり、相続関係があったことになりますので、養父:安城太郎さんの財産や負債を、安城花子さんは相続することになります。これに対し、家庭裁判所へ相続放棄の申述をすれば、その効力は遡り、初めから相続人にならなかったものとみなされますので、負債も免れます。

迷われることがございましたら、弊所の初回無料相談をご利用ください。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • T.T 男性

  • H.M 男性

  • H.N 女性

  • M.E 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報