• 刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 面談予約はこちら

遺言執行者はだれにすべきか?

良くある質問

良くお客様から頂く質問で、遺言を書いたときの、遺言執行者は、誰にするのが良いでしょうか?
というものがあります。

その答えとして、まず考えるべきことは、遺言執行者の法律上の責任です。 

  ① 法定相続人全員に、遺言書の内容を説明しなければならない。
  ② 遺言者が亡くなったら、遺言者の財産目録を作成し、
    法定相続人に説明しなければならない。

つまり、遺言執行者は、遺言者の逝去後、相続について、矢面に立つことになります。
ですので、もめる可能性が少しでもあるのなら、公平な第三者(司法書士・弁護士)を選任すべきです。
まったくもめないなら、法定相続人の一人でも良いかもしれません。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • 平成30年1…

  • I.K 女性

  • T.T 男性

  • H.M 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報