• 刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 面談予約はこちら

解決事例 戸籍のつながりが分かりにくいお客様(解決まで約2か月)

家族関係

妻、子2名

解決すべき問題

ご主人の相続につき、ご自宅の不動産の他に、預貯金が数行ありました。
ご自身で県外の戸籍も取得され、相続人の印鑑証明も付けて最寄りの信用金庫に出向かれたところ、幼少期の戸籍が足りないことが行員さんの指摘で分かりました。さらに、他県の戸籍を取得する必要がありました。手元のヒントとなる戸籍は古い戸籍ですので字が読み取り辛いだけでなく、市町村合併でどの自治体に戸籍を請求するのかも大変な状況です。申請な行員さんは現在の自治体を調べて付箋をふけてくれましたが、ご自身で取得するのは大変そうなことはS様にも分かりました。
その親切な行員さんのアドバイスで、足りない戸籍の取得だけでなく、その後の不動産登記も説明してもらえるからと、弊所にお越しいただきました。
遺産分割協議については、妻(S様)にすべてと話し合いがまとまっていました。

弊所でのお手伝い結果

S様よりお手元の戸籍をお預かりし、すぐに不足している被相続人の幼少期の戸籍をA市に請求しました。するとA市より、「該当の番地ではなく、別の番地ではないですか」との問い合わせが来ました。A市の次に本籍を置いたB市の戸籍を元に請求したのですが、B市の戸籍に書いててある「A市~番地より転籍」の番地の記載に不一致があったのです。A市の担当の方と、B市の担当の方でやり取りをしてもらい、戸籍の番地の更正をしてもらうことになりました。
もし、S様がご自身でA市に戸籍を取得されていたら、市役所の方の説明に対してもしかすると困惑されたのかな、大変だったのではないかなと、考えられました。
戸籍の更正に約1ヵ月かかり、やっとA市の戸籍を取得することができました。

戸籍の更正を待っている間、おそらくA市の戸籍で新たに相続人が判明しないだろうと、遺産分割協議書の作成、不動産登記の申請書、委任状を作成して手続きがスムーズに行われるようにいたしました。

不動産登記が終わると、S様ご自身で銀行解約をされるとの事でしたので、朝一番で法務局から戻ってきた相続書類のお渡しをさせていただきました。その時に、銀行解約で必要な書類を弊所でおまとめし、その他の必要書類のご案内もいたしました。S様が弊所で書類を受け取った後にすぐ、解約に行けるようにいたしました。

担当よりコメント

S様、この度は貴重なご意見をくださり、ありがとうございます。
戸籍の更正の事もあり、自分ではできなかったと思うとのお声をかけていただきました。S様のお手間を少しでも除き、引継ぎ手続きにお役にたてていれば幸いです。
この度は、誠にありがとうございました。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • 平成30年1…

  • I.K 女性

  • T.T 男性

  • H.M 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報