• 刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 面談予約はこちら

遺言書はいつ作るのがいいの?

事例

安城太郎さんは、先ごろ父をなくしたことをきっかけに、自分の亡きあと、妻や子供たちが困ることのないように遺言書を作成しておきたいと考えるようになりました。

太郎さん自身は現在40代半ば、遺言書を作るにはまだ早い気もしています。

遺言書はいつ作るのがいいのでしょうか?

 

結論

遺言書を作成するタイミングは年齢、家族構成、資産状況等によっても変わってくるかと思いますが

基本的には「早ければ早い方がよい」と考えられています。

 

あとは、下記のとおり、人生の節目と思われるときに作成する方が多いでしょう。

①結婚したとき

②子供がうまれたとき

③財産状況に変化があったとき

④離婚したとき

⑤定年退職したとき

⑥配偶者が亡くなったとき

⑦財産を譲りたい人ができたとき

 

遺言書は何度でも書き直しが可能です。遺言書を作るのに特に慎重になりすぎず、状況が変わったら

書き直しするくらいの気持ちで、作成してみてはいかがでしょうか?

作成する内容については、慎重に検討する必要があるかと思います。せっかく作成したのに、無効になってしまったり、残された家族がもめてしまうことのないように専門家にご相談されることをおすすめいたします。

 

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • N. K 男…

  • O. E 男…

  • S.H 女性

  • S.K 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報