• 刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 面談予約はこちら

生命保険の受取人死亡時

事例

安城太郎さんには、妻 安城花子さん、長男 一郎さん、二男 二郎さんの家族がいます。
太郎さんは、自身を契約者兼被契約者、長男 一郎さんを受取人とする生命保険をかけていました。
しかし、受取人である長男 一郎さんが事故で太郎さんよりも先に他界し、そのまま何も手続きをしない間に太郎さんも他界しました。
この場合、太郎さんが一郎さんを受取人としていた生命保険は、誰が受取人になるのでしょうか。

結論

上記の場合、「受取人」の相続人が生命保険の額を「相続人の人数」で割った金額を取得します。事例の場合で言えば、受取人 一郎さんの相続人それぞれが、その人数で割った額の生命保険額を受取ることになります。太郎さんの相続人が当然に受け取るわけではありません。

 ポイント

①あくまで、生命保険は保険契約であり、相続財産ではないので、当然に被保険者の相続人に承継されるわけではないのです。
②受取人の相続人が取得するとして、法定相続分で取得するわけではないこともポイントです。
③また、受取人の相続人全員の署名捺印がないと手続きできない保険会社もあり、手続き的にも非常に面倒が増えることになります。ただし、各保険会社によって手続きの差異があるので、必ず確認をする必要があります。

 面倒を避けるためには

これらを避けるには、受取人が亡くなった時点で受取人を変更してしまうことが、簡易な解決方法になります。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • S.K 女性

  • A. T 男…

  • N. K 男…

  • O. E 男…

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報