• 刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 面談予約はこちら

離婚した妻とその子供は相続人になるのか?

事 例

平成29年1月1日に安城太郎さんは、お亡くなりになりました。
妻の安城花子さんはすでに亡くなっており、長男 一郎さん、二男 二郎さん2人の子供で相続手続きをすることとなりました。

相続手続きのため、長男 一郎さんが太郎さんの出生からの戸籍を取り寄せると、意外な事実が発覚しました。
太郎さんには、花子さんとの結婚前に別の方との結婚歴があり、その方との間に子供もいたのです。
果たして、前妻および前妻との子供は、太郎さんの財産を相続することができるのでしょうか?
その事実を聞かされていなかった一郎さん、二郎さんはどうしたらいいのでしょうか?

結 論

離婚した妻には相続権がありません。
前妻との子は、両親が離婚した事実に関わらず、太郎さんの子供であることには変わりありません。
今回のケースでも、前妻との子供には太郎さんの相続人の一人となります。

対 策

このような事態を避けるためには、生前に一郎さん、二郎さんに前妻との間に子供がいることを打ち明けておくべきでした。離婚後、離れて暮らす子供とは疎遠になりがちですが、連絡先を把握しておくことで残された子供たちは心の準備をすることができます。

具体的解決

今回のように亡くなったあとに判明した場合、相続人間の意思疎通が難しくなりがちです。
慎重に相続手続きを進めないと、感情的なこじれが生じる恐れがあります。
第三者である弁護士、司法書士、行政書士が間の手続に入ることで、スムーズに交渉ができる場合が多いかと思います。
円滑な相続手続きのために多様な事例に対応させていただけます。お気軽にご相談ください。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • S.K 男性

  • J.K 女性

  • S.K 男性

  • S.K 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報