• 刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 面談予約はこちら

未成年者が土地の贈与を受ける場合について

事例

安城太郎さんが、3歳である安城次郎さんに土地を贈与したいと考えています。
可能なのでしょうか?

結論

可能です。
未成年者が贈与の事実を知っていたかどうかに関わらず、親権者が受諾すれば、贈与契約は成立します。
贈与契約書の署名は、必ずしも安城次郎さん自身がする必要はありません。

安城次郎さんのご両親が婚姻している場合、安城次郎さんのご両親の署名で足ります。
未成年者の親権(財産管理権など)は、婚姻している場合、父母が行うからです。
 
なお、未成年者への土地の名義変更は、親権者が誰であるか証明するため、
安城次郎さんのご両親の戸籍(世帯が記載されているもの)と、本籍地の記載のある住民票が必要となります。

他方、安城太郎さんについては、印鑑証明書と土地の権利証が必要になります。

 

このような贈与についても、弊所でお手伝い可能です。迷われることがございましたら、ご相談ください。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • N. K 男…

  • O. E 男…

  • S.H 女性

  • S.K 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報