• 刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 面談予約はこちら

お墓は誰のもの?

事例

安城太郎さんは高齢になり、自身の今後を考えています。財産のことも心配ではあるのですが、一番の心配はお墓のことです。
安城家代々のお墓があり、自分自身もそこに入る予定ですが、自分が亡くなったあとのお墓を誰にまかせたらいいのかを悩んでいます。
生前にお墓を守る人を決めておくことはできるのでしょうか?

 

民法では、祭祀財産(お墓など)の所有権につき、通常の相続財産とは異なり、遺産分割の
対象とならないとの規定を設けています(民法897条)
 
祭祀財産の承継順位は、下記のように定められています。
第一 太郎さんの指定した人
第二 指定がない場合、地方の慣習による
第三 指定もなく、慣習も明らかでない場合は、家庭裁判所が指定

 

最近、お墓をめぐる紛争が多いと言います。
したがって、後々揉めないためには遺言で祭祀承継者も指定しておくことが一番です。ちなみに、必ず遺言で指定しなければならないというものではなく、黙示の指定や口頭での指定でもよいのですが、相続人の間で揉める場合には、結局裁判所へ持ち込まれてしまうので、やはり書面で残しておくことが望ましいでしょう。
遺言を残す際は、相続財産だけではなく、祭祀財産にも気配りが必要です。
遺言書について迷われることがございましたら、ご相談ください。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • N. K 男…

  • O. E 男…

  • S.H 女性

  • S.K 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報