• 刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 面談予約はこちら

相続を放置した場合

事例

安城太郎さんには、父:安城一朗さん、祖父:安城二郎さん、曾祖父:安城三郎さんがいます。
今年、父が他界したため、相続の手続きを行おうとしましたが、実は曾祖父の名義のままの不動産があることが判明しました。

問題点

上記は、曾祖父の相続を放置していたという話になります。
一番の問題点は、ほとんど会ったことのない人に署名押印をいただかかないといけないということです。
今回のケースであれば、安城三郎の孫又はひ孫世代の方が相続人としての地位を承継していることが考えられます。世代が進めば進むほど、親族関係は薄れていきますので、署名押印どころか話すら聞いてもらえない可能性もあります。そうなってしまいますと遺産分割協議は進まず、相続手続きは出来ないことになってしまいます。

 

相続登記そのものには、期限は存在しないものの贈与なり、売買なりで、いずれ登記が必要になることが考えられます。放置すればしただけ、話は複雑化していきますので、一度ご自身の不動産が相続による名義変更等が行われているか確認された方が良いかと思います。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • T.T 男性

  • H.M 男性

  • H.N 女性

  • M.E 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報