• 刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 面談予約はこちら

相続人になるのは誰? 基本編

事例

安城太郎さんは、妻の花子さんとの間に、長女の春子さん、長男の一郎さん、二男の太郎さんの3人の子供がいます。
実家を継いでいるのは長男の一郎さんです。春子さんはお嫁にいき安城姓ではなくなりました。
このような場合、安城太郎さんの万が一のときに、春子さんは相続人になるのでしょうか。

一般論として

まず、相続とは相続人でなければ相続財産をもらうことはできません。したがって、親族が亡くなられた場合、相続財産があるかないかということも大事ですが、ご自身が相続人かどうかということも大事です。これは相続のそもそもの基礎部分になってきます。
現在の民法上、最初に相続人になる方は、配偶者(夫、妻)です。配偶者は、他に相続人になる方がいても、ご存命の限り、常に相続人になります。
つまり、だれが相続人になるのかという話は、配偶者と他に誰が相続人になるか、というのが主な話になります。

具体的に

配偶者以外の相続人は以下の順番で、相続人となっていきます。
 
1.亡くなった方の子供(養子も含む)
↓(1がいない場合)
2.亡くなった方の両親
↓(2がいない場合)
3.亡くなった方の兄弟

事例の場合

配偶者の花子さんは太郎さんの相続人です。
問題としている春子さんは、上記の1に該当するため、長男 一郎さん、二男 次郎さんと同じく相続人になるということです。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • H.M 女性

  • M.T 男性

  • S.K 女性

  • A. T 男…

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報