• 刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 面談予約はこちら

兄弟姉妹が相続人の場合に注意すべきこと

お亡くなりになられた方に、奥様・お子様がおらず、御両親も他界されている場合、兄弟姉妹が相続人になります。
実際、相談を受ける中で、兄弟姉妹の相続相談は、けっこうあります。
独居の方や、身寄りのない方が、増えているからだろうと思われます。

兄弟が相続人になる場合は、とかく相続人が多数にのぼるため、注意すべき事がいくつかございます。

1.他の兄弟姉妹が亡くなっている場合、甥姪まで相続権が発生します。

この部分を勘違いされている方が多いのですが、兄弟姉妹が亡くなっている場合、そこで終りではなく、さらに甥姪まで権利が移ります。そのため相続人が多くなるのです。

2.相続人が多いため、行方不明、押印拒否など、遺産分割がまとまらないリスクが増える。

実際のケースで、相続人が16名になり、その住所を調査したところ、住民票上の住所に住んでおらず、行方不明の事がありました。
その場合、管轄の家庭裁判所に「不在者財産管理人の選任申立」を別途しなければならず、余分な費用と労力が必要になります。

3.遺産分割の際、相続人全員の合意を得るのに、工夫が必要。

相続人が遠方に、バラバラに住んでいる事が多く、そのうちの一人が財産を相続する場合には、工夫が必要になります。
例えば、兄弟の中でも、年長者でしっかりした方の意見を最初に聞き、その方の同意を得たうえで、全体の遺産分割をまとめていくと、他の相続人が従う傾向があります。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • S.K 女性

  • A. T 男…

  • N. K 男…

  • O. E 男…

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報