• 刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 面談予約はこちら

解決事例 幼い時に別れた母の相続(解決まで約5か月)

相続関係

被相続人 幼少期に別れた母
相続人  相談者のみ

解決すべき問題

被相続人は県外に、持ち家で独り暮らしていた。
あまりにも幼い時に生き別れているので、暮らしぶりがまったく分からず、相続といっても何をしていいのか分からない。

弊所でのお手伝い結果①

まずは負債も含め財産調査、場合によっては相続放棄を提案 戸籍による相続人調査
お母様のお生まれからの戸籍を取得することにより、相続人がO様だけだと確認しました。遠方の市区町村の戸籍がいくつかあり、郵送でのやり取りとなりました。

弊所でのお手伝い結果②

調査結果を受けて、引き継ぐかどうかを検討
 O様がご親類の方から預かった通帳やキャッシュカードを元に、預金の調査をしました。いずれも遠方の銀行で、すでに無くなってしまっている、又は統廃合された銀行の物もあり、現存しているかから調査しました。いずれの銀行にも、電話と郵送で照会しました。

 また、お母様の暮らし向きがまったくわからず、万が一、負債があった場合には唯一の相続人O様に請求が来てしまうので、預金の取引履歴を調査するだけではなく、信用調査もいたしました。

 上記調査を相続放棄の期限(3ヶ月)までに終えました。調査結果をみる限りでは、お母様に特段の負債は見当たらなかったため、O様の判断でそのまま相続手続きに入りました。

弊所でのお手伝い結果③

名義変更手続き(預金、不動産)
 名義変更もO様に代わって幣所で行い、O様への不動産、預金の引き継ぎを行いました。

担当よりコメント

 O様、この度は貴重なご意見をくださり、ありがとうございます。
 何をどうしてらいいのか分からないけれど、これがあります、と幣所にご親戚の方からお預かりになった書類をO様が持っていらっしゃった事を思い出しました。引き継ぐことがO様に取ってよいことなのか、どうなのか。すぐには判断できなかったため、O様には調査の時間をいただき、そのご不安もあったかと存じます。引き継ぎが終わった今となっては、O様と同様私もほっとしております。
 今後も、お客様と一緒に寄り添った対応を心掛けてまいります。ありがとうございました。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • T.T 男性

  • H.M 男性

  • H.N 女性

  • M.E 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報