• 刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 面談予約はこちら

解決事例 余命宣告を受けた父の相続の事例(解決まで約2か月)

家族関係

父の安城太郎さんは、医者から余命宣告を受けていました。
依頼者は、二女の安城花子さんとその夫。父死亡後の相続の事を心配されていました。
父の子供には、安城花子さんとは別に、長女の安城里子さんがいらっしゃいます。

解決すべき問題

残念ながら、安城太郎さんは、遺言書を残す事なく、お亡くなりになり、法定相続が発生しました。

弊所でのお手伝い結果

安城太郎さんは、遺言書を残されなかったので、まずは、民法に従い、子供たちが平等に法定相続しました。
その後、子供たち全員で、遺産分割の話し合いをしていただました。
父安城太郎さんが住んでいた自宅は、空家になったが、売却するのではなく、今後、安城花子さんのご家族が住むことになったので、自宅の名義は、安城花子さんの名義へ変更しました。
不動産を相続しない安城里子さんには、安城太郎さんの預貯金を解約し、代償金として、500万円をお渡しして
押印していただきました。
このような内容の遺産分割協議書を、弊事務所で作成させていただき、不動産の名義変更も滞りなく進めることができ、無事解決に至りました。

担当よりコメント

 セミナー参加から、ご依頼もいただき、誠にありがとうございました。
A様の貴重なご意見を生かし、今後もセミナー等を通じて情報発信を行い、ひとつでも多く、相続問題の解決
ができればと思います。
この度は、誠にありがとうございました。また何かあれば、いつでもご相談下さい。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • T.T 男性

  • H.M 男性

  • H.N 女性

  • M.E 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報