• 刈谷駅北口徒歩3分
  • 安城支店安城市役所横駐車場あり
  • 面談予約はこちら

法定相続とは

法定相続とは財産のある方が遺言なく亡くなると、その財産は民法887条から890条により定められた相続人へ、決められた分が相続する方に渡ります。

これを「法定相続」といいます。

民法上は定められた相続人へ決まられた分を渡すのですが、遺言書をあらかじめ作っていれば、法定相続分と異なる相続をさせることが可能です。

遺言書とは、亡くなった方の意思を表すことができる公的文書です。
ですから、遺言書によって財産を誰にいくら相続させるのかを、被相続人が自由に決めることができるのです。

ただしこの場合には、遺言書が相続人の遺留分を侵害するものではないか、
というトラブルが生じるケースがあります。

では、相続の順序や割合はどのように決められているのでしょうか?

法定相続人の順位または割合

遺言書がなく被相続人が亡くなると、法定相続では以下のように決められています。
 

順位 法定相続人 割合
1. 子と配偶者 子=1/2 配偶者=1/2
2. 直径尊属と配偶者 直系尊属=1/3 配偶者=2/3
3. 兄弟姉妹と配偶者 兄弟姉妹=1/4 配偶者=3/4

配偶者常に相続人
直系尊属は、子がいない場合の相続人
兄弟姉妹は、子と直系尊属がいない場合の相続人

法定相続分

「法定相続分」とは、法定相続によって相続人に相続される相続財産の割合をいいます。ですから、法定相続分を知ることは、誰にいくらが相続されるのかを知るひとつの目安となります。

遺言書がいくら、亡くなった方の自由意志を反映させるものと言っても、後々もめないようにするには、作成する時にまず参考にされるべきものが法定相続分なのです。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

当事務所へ寄せられたお客様の声

お客様の声を大切にします
  • H.N 女性

  • M.E 男性

  • T.E 男性

  • K.Y 男性

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

Contact
無料相談受付中!
PAGETOP

新着情報